0120-963-992
受付時間 10:00~17:00 (平日)

コラム

2022.04.10
会計事務所選びのポイント

創業されましたら、その後の会計事務所コスト、いわゆる税理士の顧問料を考える必要があります。

会計事務所は、一旦決めるところころと変われないのが現状です。
ここでじっくり考えていただきたいのが会計事務所選びです。

Point1:会計事務所に望むことをはっきりさせる

会計事務所が提供するサービス内容は何かを把握し、それに見合った顧問料であるか見極め、自分に合った会計事務所を賢く選ぶことが大切です。
創業間もない会社にとってランニングコストとして顧問料3万円、決算報酬20万円となるとかなりの負担となりますから。
なんでもそうですが、情報を知らないということは、とてもリスクがありますし、良いサービスは受けられません。
人任せでは絶対ダメです。
 

Point2:創業間もない会社では、顧問料を抑えることも重要

創業間もない会社では、高く顧問料を支払っても実際のところ節税対策、取引などで重要な判断を伴う案件はほとんどありません。
創業間もない時期には、役員報酬をいくらにすればベストなのか。融資の相談。補助金情報の提供などがメインです。
なので「顧問料は高いのになにもしてくれない」と不満を抱える社長様が多いのです。

ですから、弊社では、創業時には、創業時に見合った顧問料で十分だと考えております。

弊社では、IT業一人会社の場合、月額顧問料は、5,000円~、決算申告料は、7万円~とコストを抑えたプランがございます。

なぜ、低価格で税務、経営、節税のサービスが可能となるのかは、トップページにその理由を記載しておりますのでご覧ください。

また、難しい案件が発生した場合は、その都度必要に応じてオプションをご利用いただける仕組みとなっておりますのでご安心ください。
必要な時に、必要なサービスに対して支払うということです。

※詳しくは料金シミュレーションよりご確認ください。
料金シミュレーションはこちら
 

Point3:創業時一番大切なことは毎月会計事務所と打合せをすること。

小規模企業ですと、「会計事務所とのやり取りは顧問料が安いから「年一」です。(年一とは、年一回たまった領収書を渡して申告を作ってもらうこと)」とよく聞きます。
これは、絶対やってはけないことです。

なぜなら、毎月数字を把握し、問題点に気づき、常に軌道修正をすることが企業経営にはもっとも重要なことだからです。
取引が少なくても会計事務所と最低月1回は、打合せをして経営について相談することは、今後の企業の発展に大きく影響してきます。

弊社では、毎月1回Skype打合せをさせていただき、社長様とコミュニケーションをとっております。
もちろん、月額顧問料5,000円~のコースでも、毎月1回Skype打合せをさせていただきます。
 

Point4:会社の成長に合わせてトータルサポート体制が整っている会計事務所であるか

会社が成長期に入りましたら、創業間もない時とは違い、社長の所得税と会社の法人税、消費税、最終的には、相続税までトータルに考えていく必要があります。
当然その時期は、顧問料を見直し、トータルサービスを受けた方がはるかに有利になります。
会社が発展した時期には、それに合ったサービス内容を提供できるかどうかは、将来重要になってきますので、将来のことも見据えて会計事務所選びを行いましょう。
段階に見合った顧問料を支払うことがベストです。
弊社では、お客様の経営状況・ご要望に応じてサービスをご提供させていただきます。
 

Point5:専門家に相談しよう。Skype無料相談実施

税務署等への必要書類の提出、消費税還付、補助事業、融資、役員報酬はいくらにしたらベストなのか。など、専門家に聞かないと分からないことは多々あります。そういう時は、迷わず専門家に相談しましょう。

創業まもない方には、只今、Skype相談をおこなっております。(初回無料)

ご希望の方は、Skype無料相談・サービス無料体験申込フォームのご相談内容欄に

  • ご相談内容
  • 相談ご希望日時(第3希望まで)
 

をご入力の上、送信ください。
後日、相談日時をお知らせいたします。

この記事を担当した税理士
保有資格
専門分野
経歴
専門家紹介はこちら
サービス一覧
PAGETOP